×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

えきねっとを使って予約するときの注意点情報!

えきねっとを使って予約するときの注意点

カテゴリー :えきねっと 予約

えきねっとを使えば、パソコンから全国の新幹線や特急列車の指定席・自由席及び指定席と同一区間の乗車券を申し込むことができます。
ただし、きっぷを受け取れるのは、JR東日本の管轄している主な駅のみで他のJRや旅行会社などでは受け取ることができないので注意が必要です。えきねっとのパソコンでの申し込み方法は、希望のメニューから乗車日や列車名等の条件を指定すると、条件の合致した列車の座席があった場合に「申込受付完了」の画面が表示されます。
続いて「購入手続」自由席券の時は「予約手続」を完了させましょう。10分以内に完了させないとタイムオーバーになってしまいますので注意してください。
えきねっとでは、申込方法によっては帰りの列車も続けて申し込むことができますが、10分以内に申込の受付が完了しないと、購入(予約)手続前の申込がすべて取り消されてしまいますのでこれにも充分、注意してください。
また、出発時刻の近づいている列車の申込は、10分よりも短い時間にタイムオーバーとなり購入(予約)手続ができなくなることがあります。
指定席券の申込については、注意事項に同意すると「購入手続完了」の画面になり手続が完了します自由席券の場合は、「予約手続き完了」画面になります。とても簡単に予約をとることができるのでありがたいですね!

コラム > えきねっとを使って予約するときの注意点について書かれています。

えきねっととJR西日本

カテゴリー :えきねっと JR西日本

えきねっとはJR東日本が運営する指定席・宿泊関連施設・イベントチケット等の予約ができる情報サイトですが、JR西日本とは関連性がないのかと思って調べてみました。

えきねっとでは、サイトで指定券などを予約すれば、最寄の駅などで受取ができるシステムなのですが、キップを受け取ることができるのはJR東日本の指定席券売機、JR東日本のみどりの窓口、びゅうプラザ(一部店舗除く)だけだそうです。

JR北海道・JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州の窓口や券売機では受け取ることができません。
同じJRなんだから何とかして欲しいと思うのですが、このあたりが何だかおかしいですよね。グループ会社間での妙なライバル意識でしょうが、利用者には関係がありません。

東京にいるビジネスマンはしょっちゅう日本中に出張していますから、JR東日本、JR東海、JR西日本を使いこなしています。それなのにえきねっとを利用できるのがJR東日本のエリアだけというのが残念です。

コラム > えきねっととJR西日本について書かれています。

えきねっととJR西日本のJRおでかけネット

カテゴリー :えきねっと JR西日本

えきねっとはJR東日本が運営するサイトですが、JR西日本にも同じようなサイトがあります。そのサイト名は「JRおでかけネット」です。

JR西日本のJRおでかけネットは、えきねっと同様にサイト上から乗車券や特急券その他チケット等を予約・購入することができます。また、そのチケットは最寄のJR西日本の駅などで受け取ることができます。

えきねっとでは、予約したチケットについてはJR東日本の駅などでしか受け取ることができませんでしたが、JR西日本のおでかけネットでは、JR東海の主要駅でもチケットを受け取ることが可能です。

おでかけネットでインターネット予約をするためには、会員登録が必要です。J−WESTのネット会員登録をすることで、おでかけネットを使いこなすことが可能になります。会員登録は無料ですから、良く新幹線などを利用する方はぜひJR西日本のJRおでかけネットに登録してみてください。宿泊の伴う旅行や出張にも、チケット予約だけでなくホテル予約までできるおでかけネットが便利ですよ。

コラム > えきねっととJR西日本のJRおでかけネットについて書かれています。